BLEACH ムラカミVer.

特別認定No.7

この項目は、ムラカミセレクト訪問者数600人目前記念でムラカミヒロアキ本人がBLEACHに関して記述したものです。途中、不可解な文があってもBUTSUDENは一切責任を持ちません。


  • TITE KUBOが開発した、細胞感染OSR兵器
  • 驚異的な感染速度で、2010年2月現在、約6000万近くのB-ウィルスを頒布させた

BLEACHの概要


感染者には思考能力の低下や、アルツハイマーに近い症状が見られる
また、独特な麻疹ようなものが発症し、感染箇所から黒い斑点ようなものが浮かび上がり、末期には体のほとんどが黒く染まる
行動自体にも、感染者独特の動きが見られ、棒立ち・悠長な動作・不可解な動作、言動などが具体例に上がる
中でも顕著なのが、剣道等の試合中に試合を放棄し身嗜みを整え始めり、修学旅行中等に無意味な分散の提案などで、そうなってから復帰するのは厳しい
*不可解な言動具体例 [#mf243ff7]

「何…だと…」
「嘘…だろ…」
「莫迦な…」
「What…didyousay?」
「卍・解!」
「信じるのは、まだ早い」
「く…そ…!」

その他


また同名の詩集が週刊少年ジャンプにて掲載中である
週刊少年ジャンプで詩集を掲載するのは初の試みで、毎週19ページにわたり久保帯人先生による卓越したオサレな詩が書きつられている
久保先生自身による挿絵も行っており、ネット上ではこの作品を一種の小説、ライトノベルとも扱われている
現在は43巻まで刊行されているが、21巻以降は別の作家によって書かれており、内容に関しては、語彙力の欠如、いきあたりばったりの展開、墨まみれのイラストなど作品全体の質が落ち、大規模なファン離れが起きたが、頭を使わなくても読める、挿絵だけで内容がわかるなどという評価・意見もあり、今だに根強い人気をほこる
この作品は現在、制作会社・ぴえろによってアニメ化、映画化、虚化されている
アニメ化によって、作品中、理解に苦しむ内容を端的に解釈し、映像化したことはファンの間では評価が高いが、一部のファンからは久保帯人の世界観が崩れる等の悪評を目立つ


  • 最終更新:2010-03-10 23:05:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード