堀向駿介

認定No.00013
  • 『堀向駿介』(ほりむかいしゅんすけ)は、ムラカミの盟友で、無二の親友。というより、ムラカミの片割れ、一部。
  • インド人
  • 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の大ファンで、セリフをすべて覚えている。
  • ムラカミは「心がインド洋の如く広い。国籍がインドのことだけはある」と語っていた。
  • 本人が本ページの存在を知ったのはずいぶん後で、一部禁則事項の要請があったのぞき、本人に正式に認可された。

きっかけ


ムラカミとは、中学校時代の友人で、二人で悪だくみをしていた。その悪事の量ははかり知れず、全てを裁判にかけるならば、おそらく数十年くらい刑務所にいるんじゃないかというくらい…というのはウソだが、とにかく悪ガキ。

人間として


現在の彼は、ほとんどインド人になっており、見た目分からない。愛称はホーリーだが、全然聖なる人ではない。
本人は下谷神社付近に出没すると豪語しているが、目撃例が少ない。

ムラカミとの関係


ムラカミとはかなり親しく、彼とムラカミと一緒にいることでむしろ一つの人間となる、みたいな感じである。最近では、ムラカミの誕生日に手紙を送った。ちなみに、その手紙のタイトルは『あなたのファン一号より』で、彼らしい、非常に痛い文章である。ちなみに、この手紙を読んだ一人は、「なにこいつ」というコメントを残している。

その他


うわさによると、趣味は競馬。度々、水道橋のウインズ後楽園まで出かけているらしく、相当な熱のいれようである。これに対し、本人は「産まれてきて最高ジャン」とコメントしている。
一時、ムラカミをつれて後楽園に行こうとしていたらしいが、断られたらしい。
また、最近もて期に入っているらしく、本人曰く「禁断の恋」をしてしまったらしい。真相は全くもって不明だが、このことをこのページに載せてほしいとだけ言っていた。

関連項目


  • ミニストップ

  • カフェ・ベローチェ

  • 最終更新:2010-05-10 23:38:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード