何…だと…

認定No.00021
この項目は、ムラカミヒロアキ本人が内容を編集しました。

  • 『何…だと…』(ナンダト)とは、ムラカミヒロアキの別名、もしくは日常生活における常用単語、かつ戦闘中等に敵味方問わず使用する活用表現。
  • ここでは、後述の単語について説明する。

歴史…だと…


単語自体は戦闘中に使われるため、古代ローマのコロッセオでも戦士達が自分より実力が格上の相手に対して発していたと予測できる

アーサー王物語、三国志等の世界的にも知名度の高い物語、文献においても使われており、このことから古くから伝わる一種の礼儀作法とも汲み取れる、と今多くの大学、集英社で話題にあがる
前述にて常用単語と述べたが、非常に扱いが難しく、使用するためにはある一定以上の戦力差、実力差が生じている時にしか使えない。
日常において、そのような状況は起こる可能性のある者は、アスリート選手、競馬等における騎手、死神などが大体を占める。

BLEACH…だと…

また、とある髪染め漫画では決め台詞にもなっている。
この作品内では会話が成り立たないこともしばしばあり、歯切れの悪い会話では文を打ち切るために使っているので、お互いに動揺しあって言葉のドッチボールになっている。
作中に登場する主人公・黒崎一護が最も多く使用しており、このことから黒崎一護の弱さ、普段から動揺、狼狽してることがよくわかる。
実際に作品内で扱うときは注意が必要で、週刊誌で下手に扱うと原稿が10ページから14ページほどが空白のままで仕上がってしまう。
この単語を扱うことが週刊連載における登竜門であり、上手く使えれば一気にアニメ化までのし上がることができると業界内では言われてる。
*類似単語…だと… [#o12ccce2]
「嘘…だろ…」
「なんとかしてくださいよォーー!」
「何じゃこりゃあ!?」


  • 最終更新:2010-03-03 21:08:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード