リトルバスターズ!

認定No.00018

  • 『リトルバスターズ!』とは、2007年にKEYが発売した全年齢対象恋愛シミュレーションゲーム。『リトルバスターズ エクスタシー』は、それに18禁要素とヒロインを増やしたバージョン。
  • ここでは、主にエクスタシーを中心にする。
  • 筋肉、筋肉♪

概要


前作「CLANNAD」で全年齢対象ゲームを発売したKEYが初めて両方のバージョンを出した。今作の特徴として、この手のゲームでは珍しい、友情を描いている。また、ゲームの各所にミニゲームがあることも特徴の一つである。野球をテーマとしているが、実際のルートではあまり関係が無い。KEYお得意の感動ストーリーは今作でも健在で、あの手この手で感動ストーリーにしてくる。
ストーリーといい、雰囲気といい、全体的に「真剣で私に恋しなさい!」に似ている。むしろあっちが本家じゃないか

あらすじ


主人公、直枝理樹は小さい頃から棗恭介、棗鈴、井ノ原真人、宮沢謙吾と幼馴染で、いつも五人でつるんでいた。成長した五人はとある全寮制の学校に通っていたが、理樹の昔みたいに何かしたいという提案から、「リトルバスターズ」という野球チームを結成し、野球をすることになった。しかし、学校に非公式な上、野球をするにはメンバーが足りないということから、他のメンバー探しに入るのだった。

ゲームについて


ヒロインは6人、エクスタシーで3人追加され、メインルートがあり、しかもCG回収とは関係ないルートまであるので、膨大な内容になっている。そのため、一人攻略するとその時点で面倒になり、全て攻略するのが若干嫌になってくる。前作はXBOX360に移植されたが、今作ではPS2に移植になった。また、今作は多種多様に漫画化されているものの、2010年現在、アニメ化はされていない。

ムラカミとリトバス


野球部所属だったムラカミは、野球部員としての名誉の為に今作をプレイしたという見方が強い。本人は、当初あんなので野球とは笑わせるなどと言っていたが、後日の発言から、かなりお気に入りであることがうかがえる。しかし、「真剣で私に恋しなさい」をプレイ後は、二つを比べることが多く、候が出ていることから、若干まじこいの方が気に入っているようだが、真実は定かではない。


ムラカミによる感想


ムラカミ本人によるリトルバスターズの妄想、及び感想は、別項目「Little Busters!」をご覧ください。

参考資料



  • 最終更新:2010-03-11 03:55:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード